「ゴーン・ガール(2014)」感想。ロザムンド・パイク、あなた以上の悪女はいない!

カ行
引用元 映画.com

今回、分析するのはデヴィッド・フィンチャー監督の代表作の一つ。

この脚本は「すごい」を超えて、もはや「えぐい」ですよ。


ほとんどの脚本家はただただ唖然。
圧倒される二時間半だと思います。


もちろん、私も。

更に主演のロザムンド・パイクの演技は圧巻。
最後はもう得体のしれない怪物にしか見えません。

女優としてこんな役を演じられたら本望でしょう。
最初にオファーを受けて、この脚本を読んだ時は狂喜乱舞したと思います。



ストーリーはもう全く先が読めません。
何一つ予想通りに進まず、軽々と頭上を越えていきます。



この脚本を担当したのは原作小説を書かれた方です。何か納得。
綺麗にまとまっていなくて、何か歪な印象を受けるんですよね。

映画脚本をずっと書いてきた人だと、もっとまとまってるように思います。
ただ、その歪なところがこの作品の魅力です。難しいっす。



ネタバレ度90%

後半はがっつりネタバレします。
そこに来たらお知らせします。




スポンサーリンク

粗筋


一見、幸せに見えるエイミー(ロザムンド・パイク)とニック(ベン・アフレック)の夫婦。

五回目の結婚記念日を迎えようとした朝、エイミーが失踪し、状況は一変する。


分析



妻エイミーの突然の失踪。サスペンスとしてはよくある出だしです。



失踪事件として捜査が開始され、
エイミーは児童書のモデルとして有名なため、マスコミにも取り上げられます。
すると夫、ニックが殺したのではないかとの憶測が広がり、警察も疑惑の目を向けます。

夫のニックは不倫をしていた事もおおやけになり、疑念は増すばかり。

この間にエイミーの視点で二人の出会い、そして幸せな結婚生活が語られます。
サスペンスの緊張感がどんどん増していきます。
見事な演出と演技で上質なサスペンス映画だと嫌でも感じさせる。


観客も夫が殺したのか? なら、死体は何処にあるのか?と考えだします。

はい、ここから少しネタバレします。
まだ未見の方は急いで鑑賞、そしてここにUターン!

夫ニックの犯行なのか? 死体は何処にある?
観客は考え始めます。



凡庸な脚本家わたしが予想するなら、中盤で妻の死体が発見され、犯人は誰だ?みたいな展開でしょうか。
意外な人物が犯人として浮上する、みたいな。

そんな事を考えていたら、驚きです。


中盤(ミッドポイント)であっさり妻のエイミーが登場します。

そう、全ては妻の企みだったと。

驚きなのは、誰かが捜し回って現れたわけじゃなく、
エイミーがポーンと画面に出てくる事。


え、こんな事ある?


私、そこらのどんでん返しよりよほど驚きました。


夫ニックの犯行なのか、死体はどこなのか、なんて考えていたのが一瞬で吹っ飛びます。
もう何も考えられない!

でも、まあ、あるっちゃあ、ある。このような展開も。

と、気を取り直して、再びスクリーンに集中します。

ていうか、今書いてて思ったんだけど、これをやるなら普通は二幕の直前じゃないのか。
起承転結の「起」の終わり。でも、やっぱり「普通」じゃあ面白くないんだよねー。

そしてここからが「ゴーン・ガール」の真骨頂。
面白くなるのはむしろここから!

妻は夫を殺人犯に仕立て上げるため、様々な細工をしてきた事が明かされます。
この辺のロザムンド・パイク、まじやばい!
とんでもない女ですよ!
しかしお金を奪われて一文無しになったり、逃亡生活は計画通りに進みません。


夫は妻にはめられた事を知り、彼女を見つけて、自分の無罪を明らかにしようと奔走します。
TVに出て身の潔白を訴えたり。
不倫相手が勝手にTVに出たりして、計画が邪魔されたりするのも面白い。


クライマックスに向けて、観客の興味は、さあ、どちらが勝つのか?という点に集約していきます。

妻が逃げ切るのか、夫が見つけるか、さあ、どちらだ!?


はい、驚きです。どちらでもありません。


以下、本気のネタバレ。気をつけて!


所持金を奪われてしまった妻エイミーは昔、自分につきまとった元カレを頼ります。



暫く匿ってもらい、ベッドでは激しく愛し合う。





そして喉をカッターナイフで切りつけ、血だるまにして殺します!



何やねんこれ!

もう、わやや!

そして返り血を浴びたエイミーはそのまま、ニックの元に戻ります。

元カレに連れ去られ、監禁されていたが、隙を見て殺して逃げたというのが彼女のシナリオ。

夫ニックも彼女のシナリオにのり、妻を取り戻して安堵する夫を演じます。


そして二人は仲良く暮らします。困難に打ち勝ち、愛を取り戻したという体で。


演じ合う夫婦。それこそが夫婦。そして映画は終わります。
何一つ、予想通りに進まず。すごいです。えぐいです。


あと、怖っ! エイミー、まじで怖っ!

しかしたまらなく惹かれてしまう。

引用元 映画.com



ロザムンド・パイクの演技はマジで凄いです。
これ以上の悪女はちょっと思いつかない。


デヴィッド・フィンチャー監督作品って映像美が話題になるけど、何気にテーマが深い。
一級のエンタメ作品なのにいつも文学的な匂いがしますね。
「ファイトクラブ」「ソーシャルネットワーク」とか。好きだわ。


以上です。だから私は感動しました。


created by Rinker
¥1,745 (2023/09/30 18:13:43時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめデヴィッド・フィンチャー監督作品


○「ゲーム」
デヴィッド・フィンチャー監督作品の中では有名じゃないけど、面白いですよ。
ウィキペディアによると、一部で熱狂的な支持があるらしいです。一部ってどこ?ここ?


○「ソーシャル・ネットワーク」
フェイスブックの創業者を描いた作品。
ラストシーンが個人的にとても好き。


にほんブログ村 映画ブログへ
タイトルとURLをコピーしました