邦画

邦画

「椿三十郎(1962)」感想。黒澤作品の中ではコメディ色の強い異色時代劇!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。黒澤監督作品のおすすめも。
邦画

「赤ひげ(1965)」感想。これぞ黒澤ヒューマニズムの集大成!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。黒澤監督作品のおすすめも。
邦画

「二十四の瞳(1954)」感想。戦前戦中戦後を疑似体験させてくれる不朽の名作!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。
邦画

「醜聞(1950)」感想。黒澤監督の先見の明が光る、異色の法廷劇!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。黒澤監督作品のおすすめも。
邦画

「砂の器(1974)」感想。日本人である事を痛感させられる、絶対の感動がここに!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。
邦画

「晩春(1949)」感想。小津映画らしい小津映画で、全父親に沁みる!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。小津監督作品のおすすめも。
邦画

「蒲田行進曲(1982)」感想。深作監督にしか撮れない、邦画の枠を超えたパワフル人情喜劇!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。深作監督作品のおすすめも。
邦画

「東京物語(1953)」感想。時の「無常」を痛感させてくれる、日本人のマスターピース!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。小津監督作品のおすすめも。
邦画

「セーラー服と機関銃(1981)」感想。自主製作映画のような作りなのに大ヒットした角川映画の代表作!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。薬師丸ひろ子さん出演作品、相米慎二監督作品のおすすめも。
邦画

「マルサの女(1987)」感想。社会派エンタメを撮り続けた伊丹監督の最高傑作!

主に脚本を分析し、何故面白いと感じたのかを考察しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました