「パラサイト 半地下の家族(2019)」感想。ポン・ジュノ監督の力をまざまざと見せつけられるブラック・コメディの傑作!

洋画
引用元 映画.com

ポン・ジュノ監督と言えば色んなジャンルの作品を撮っているけど、やはり「殺人の追憶」が頭一つ抜けている印象。

だったんだけど、ここで集大成的な作品「パラサイト」を発表。


アジア映画初、アカデミー作品賞まで取ってしまった。


見てみるとやはり、恐ろしい吸引力でラストまで魅せる。

何処か自己満足的な感じ、内向きの感じがする邦画に比べて、普遍的な面白さ、エンタメを追及している韓国映画はその志から差があるように感じる。


と言っても、邦画も最近は国際的に評価される作品も増えてきたし、隣国と切磋琢磨できればそれで良し。


ちなみにここ数年、「格差」がテーマの作品がウケる印象。
「ジョーカー」とかもそうだけど。

日本もどんどん貧しくなっている。

この主人公たちの逞しさは見習いたい。





ネタバレ度70%。
未見の方はDVDか配信で! ネタバレ上等な方はお進みください。

スポンサーリンク

粗筋

半地下の家に住む貧しい家族。

彼らは素性を偽って、ある金持ちの家に取り入り、寄生する。

分析


この作品の面白さはやはりストーリーテリングにある。


さすがアカデミー脚本賞受賞作品と言わざるを得ない。


中盤のミッドポイントから、先の展開が全く読めなくなり、凄まじい緊張感で進んでいく。



ある金持ち家族に寄生していく様子を描いていく前半。
この展開、面白いんだけど、まあ、定石通りのプロットではある。

そして家族全員が寄生に成功。


ここまで見ながら、この後はとりあえず金持ち家族の誰かに正体がばれるか、ばれそうになるか、そのあたりの駆け引きで見せていくんだろうなと予想した。

とりあえずはそれが定石かと。



しかしこの作品は全く違った。


主人公たちが寄生に成功して乾杯しているところに、追い出した家政婦が突然現れる。


しかも何と、その家政婦が金持ちの家の地下室に、自分の夫をこっそり住まわせている事が発覚する。


そう、この家政婦は主人公たちより以前に、既に寄生していたのだ。


主人公たちの計画はここでぶち壊し。
素性を金持ち家族にばらすと家政婦に脅され、大ピンチ。

どちらが主導権を握るかの醜い闘争が展開される。




何これ?


私の予想の遥か上をいっている。

よくこんな見事なアイデア出たなあ。




こうなるともうこの先の展開は全く読めない。


そしてこの家政婦との攻防がこの作品で一番面白い。



ここは起承転結で言う「転」。
ハリウッドの三幕構成で言うと、ミッドポイントから二幕後半の部分を指す。


実は起承転結の「転」が一番面白いというのは滅多に無い。

脚本家がいつも一番苦労するところでもある。



ここに抜群のアイデアを用意できた事がこの作品を傑作にしている。


クライマックスに向けて、主人公たちは家政婦と攻防し、更に洪水にあって半地下の家も失い、避難する。

文字通り絶望的な状況にまで追い込まれる。

さあ、一体、ここからどんな結末を迎えるのか?



この一番面白い「転」で何と40分ほどの尺を使っている。
二時間弱の映画でこれはかなり長い。
監督もここが一番面白いと自信を持っていたんだろう。



ちなみに先日見た「ローグ・ワン」なんかはまた逆で、極端に「転」が短く(10~15分)、人間ドラマを削っていた。
キャラを掘り下げる気は皆無。
それはそれでテンポの良さに繋がっていて、その潔さに感心したんだけど。



ここまでしっかりと「転」を作れば、クライマックスの成功はもう約束されている。

文字通りの地獄絵図が最高だった。




以上です。だから私は感動しました。


しかしソン・ガンホの加齢臭のくだりはおじさんには辛い。

加齢臭をストーリーのトリガーに使った映画って初めてじゃないか。


頼むぞ、ファブリーズ。





おすすめポン・ジュノ監督作品

〇「殺人の追憶」
実在した連続殺人犯を描き、公開当時、まだ未解決事件だった。
素晴らしい緊張感で展開し、韓国映画の魅力を初めて感じた作品です。

現在、犯人は逮捕されました。逃亡時、この映画を見たらしい。

にほんブログ村 映画ブログへ
記事を気に入ってくれた方、ぽちっとお願いします!
タイトルとURLをコピーしました